インビザラインで出っ歯や八重歯を矯正|メリット・デメリット(期間や値段・痛い?)

インビザラインはワイヤーに比べると目立たないという特徴から注目されています。ここではインビザラインの治療に関して、期間や値段、痛いのか?などメリット・デメリットをご紹介します。

インビザラインでの治療にかかる期間や値段について

 ●治療にかかる期間について


ワイヤー矯正の場合には、

特定の歯に負荷をかけて動かすので歯は早く動いて、

治療期間も短くなりように思われがちです。


しかし、インビザライン矯正の場合は

コンピューターを使って無駄のない最短距離を測定し

歯を動かします。


実際には、インビザライン矯正は、

従来のワイヤー矯正と同じ期間で治療が終了しますし、
症例によっては、もっと早く治療が終わる場合もあります。

 


●治療の値段について


インビザライン治療にかかる費用に関しては、
今、現在、東京都内の平均は

大体90万~100万円だと言われています。


ですが、そもそもかかる費用は、
重度だったり、軽度だったり、

その症例によって全く違ってきます。


そもそも矯正歯科の治療は保険外です。

 

ですから、同じ症例を治療するにしても

矯正歯科によってかかる費用が

異なってくることもしばしばあります。


ちなみに、ある矯正歯科医院では
ポピュラーなワイヤー矯正にかかる費用は

80万~95万円です。